Home > Q&A | 新着情報 > 朝シャンってハゲるって聞いたんですが・・・どうなんでしょうか???

朝シャンってハゲるって聞いたんですが・・・どうなんでしょうか???

朝シャン(朝のシャンプー)ですよネッ(^^)

朝シャンをするメリットを挙げていくと・・・

・目が覚めて、さっぱりする
・寝癖がなおる
・・・・。

アレレレ・・・意外と思い当たらないですネェ~(笑)

まッ、この2つでお話しましょう!!!

「目が覚めて、さっぱりする」・「寝癖がなおる」が抜け毛に影響する理由・・・

特になしデス!!!以上!!!

と、そういう訳にもいかないですよネェ~

では何故、このような質問や都市伝説的な噂が出るのか!?

僕の見解では「時間」というモノが、キーワードになりました。

「時間」=「抜け毛」

???

そうなりますよネェ~(^^)順を追って説明しましょう!!!

まず、朝シャンする全ての方に質問です・・・。

「どぉ~せ、朝シャンするんじゃけぇ~寝る「時間」も少な~なるし・・・シャンプーせんでもエエかぁ~」

(私が広島出身なので・・・広島弁でスイマセン・・・。)

と、思われている方・・・胸に手をあてて、思い出してください・・・

「今日一日、懸命に命を燃やしましたか!?」

・・・・・・。

イヤイヤ、具体的に言うと、

「今日一日、汗や埃にまみれて皮脂を出しながら・・・仕事や勉強にストレスを感じつつ、頭皮をカチカチにして・・・それでも尚、頑張ってきましたか!?」

・・・・・・。

「お疲れ様です!!!」

だからこそ、そのままバタン!!!キュウ~は駄目ですヨッ!!!

夜寝る前に、汗や埃そして皮脂など一日の汚れをシャンプーで優しく洗い流し、カチカチの頭皮を優しく揉み解してあげて下さい。

疲れて眠いでしょうが、頑張って「時間」を作って下さい!!!

次に、

「朝は時間がないッ!!!」と、言う人は多いのではないでしょうか???
(「私は早起きを実践している」という方は、素晴しいデス)

その時間のない朝に、シャンプーという行事があるのです。

少なく見積もっても5分以上は余分な「時間」が必要となるでしょう。

朝の限りある「時間」の中で「朝シャン」する事で、犠牲にしないといけないコトが出てくるという事です・・・。

私がイロイロと聞いた中では、「朝食」を犠牲にする方が圧倒的に多いみたいですッ!!!

これが抜け毛とどう関係するのか・・・

そうだ!!!

僕らの業界で、よく使われる例え話をしましょう!!!

頭皮が畑の土で、毛髪を作物だとすると、畑の土に養分少ないと良い作物は育ちません。
あと、畑の土が硬過ぎたり、水はけが悪くベチャベチャだったり、逆に干上がっていたり・・・等など畑の土に原因がある場合、美味しい作物は出来ません!!!

結局、畑の土と対話しながら育ていくのが美味しい作物を作るコツになります。

うまい例え話でしたか!?(^^)

ようするに・・・

毛髪(作物)を美味しく(健康)育てていく為には頭皮(畑の土)が重要なのですッ!!!

そして、頭皮を健康にしていくには・・・

食生活・生活習慣・ヘアケア

が、特に重要になってきます。

と、なると・・・栄養バランスの良い朝食をしっかりとる重要性は、ご理解出来たと思います。

そして、

シャンプーのやり方にも「時間」の問題が出てきます。

朝は「時間」がない為、焦ってしまいシャンプー剤などのすすぎが不十分になる恐れがあります。

すると、頭皮に残ったシャンプー剤などが毛穴につまってしまい、髪の成長を妨げる可能性があります。

それだけではありません!!!

頭皮の皮脂がすべて洗い流された状態でバタバタと、紫外線のふりそそぐ太陽の下に出ると、頭皮は無防備な状態で紫外線を浴びることになり、頭皮環境が悪化してしまう恐れがあります。

と、ここまで書いてあるのを読むと「朝シャンなんて!!!とんでもないッ!!!」と思うかもしれませんが・・・

違いますよッ(笑)

「時間」を上手に使い「朝シャン」するのなら良いのではないでしょうか。

1、夜寝る前に、整髪料や埃、余分な皮脂などをしっかりシャンプーで洗い流し頭皮を清潔に保つ

2、適切な睡眠時間

3、朝食と朝シャンの時間がとれるように起床

4、「朝シャン」でスッキリ!!!

ちなみに・・・

4、「朝シャン」と書きましたが・・・夜寝る前に、ちゃんとシャンプーしてるので、お湯ですすぐだけで良いと思います!!!

それだけで、「目が覚めて、さっぱりする」・「寝癖がなおる」はクリアー出来ますからネッ♪♪♪(^^)

Home > Q&A | 新着情報 > 朝シャンってハゲるって聞いたんですが・・・どうなんでしょうか???

Search
Feeds
Meta

Return to page top